きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

緊急事態宣言 解除後 ”初の週末” 警察が飲酒運転の根絶に向けて検問実施…夜間の酒類提供開始を受け

事件・事故 社会 友だち追加

飲食店街で飲酒検問を行う道警札幌西署

 緊急事態宣言が解除されてから初の週末を迎えた札幌市内。

 札幌市西区琴似の飲食店街付近では5月30日未明、警察官による飲酒検問が行われました。

 この検問は、緊急事態宣言の解除で夜間のアルコール提供などができるようになったことから、飲酒運転の発生が懸念されるとして、北海道警札幌西警察署が行ったものです。

 午前1時から警察官約10人が24台の車を検問した結果、1台の運転手から基準値以上のアルコールが検出されたということです。

 道警は「自粛要請の緩和などで解放感があるかと思うが、飲酒したら運転しないことを徹底してほしい」と呼び掛けています。