きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

収束目指し…「陰性確認」された入所者"別施設"へ移動開始 クラスター発生介護施設から約200メートル

友だち追加

 新型コロナウイルスに92人が集団感染した北海道札幌市北区の「茨戸アカシアハイツ」。札幌市はクラスターの収束を目指し、陰性が確認された入所者から別施設への移動を5月27日から開始しました。

 小出 昌範 ディレクター:「茨戸アカシアハイツに住む陰性確認された4人の入所者が約200メートル離れた場所に移動します」

 札幌市北区の介護老人保健施設「茨戸アカシアハイツ」のクラスター収束を目指し、市は27日午後1時20分ごろから入所者の別施設への一時的な移動を開始しました。

 札幌市によりますと移動するのは新型コロナウイルスの症状から回復し、検査で2度陰性が確認された4人です。

 移動先の施設は現在利用していないデイサービスセンターで、16人分のベッドが用意されているほか、介護士7人と看護師1人が配置されています。

 施設内は大きなフロアをパーテーションで16分割に区切っているものですが、4人はウイルスの抗体を持っているため再陽性となる可能性は低いとみられています。

 札幌市は、今後も2度陰性が確認された入所者から随時、別施設へ移動させたい方針です。