北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

5月25日から「休業要請一部緩和」札幌含め酒類提供OK & 札幌以外の学校"7時間や土曜授業"も

道内経済 友だち追加

 感染拡大を防ぎながらの休業要請の緩和。新型コロナ対策は新たなステージに入ります。

 鈴木知事は先ほど開いた会見で、3つの指標を達成できたとして、週明けの25日に休業要請を一部解除する方針を示しました。

 北海道内の新たな感染者は7日連続の1桁となる6人に止まっていて、同じく25日の緊急事態宣言解除に向け今後の状況が注目されます。

 鈴木知事:「新型コロナウイルスをゼロにすることはできない。ずっと行動自粛することは社会経済への影響を考えると限界がある」

 鈴木知事は先ほど開いた会見で道独自に設定した感染拡大対策の3つの基準を満たしたとして国の緊急事態宣言の解除を待たずに、25日から一部の休業要請を緩和するとしました。

 解除されるのは、石狩地方のいずれも1000平方メートル以下の博物館や美術館などです。

 一方で飲食店の、お酒の提供自粛については…。

 鈴木知事:「午後7時以降の酒類の提供を控えるようお願いしてきましたが、石狩管内含めて全道で解除します」

 石狩地方以外の地域では、ネットカフェやパチンコ店などの娯楽施設も解除されます。

 さらに学校にも緩和が…

 北海道教育委員会は対策本部会議で、来週から石狩地方を除く地域の学校で分散登校を行うことを明らかにしました。

 また学校が全面再開した際は、1日7時間授業を行うほか、土曜日や夏休み期間中の授業で学びの機会を確保する方針です。

 一方、北海道内で22日に新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は6人に止まり、7日連続で10人を下回りました。

 このうち札幌市の90代の男性が陰性確認後に再び感染。

 札幌市ではこの男性を含めて3人が感染しましたが、10日連続で1桁にとどまっています。

 集団感染が発生している札幌市白石区の「北海道がんセンター」では40代の女性看護師が感染し、この病院の集団感染は82人に上ります。

 鈴木知事は休業要請緩和に伴い、感染防止と社会経済の両立を目指す「新北海道スタイル」の確立を求めていて、新たな取り組みが始まります。