北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

休校中のグラウンドに出現"アマビエ" 感染終息願い先生がライン引きで製作「また元気に登校を」

友だち追加

 新型コロナウイルスの影響で休校が続く高校のグラウンドに、感染終息を願いあの妖怪の巨大な絵が出現しました。

 ひし形の目に鶏のようなくちばし、体にはウロコが…。これは、病気を退散させる力を持つとされ最近SNSなどで人気を集めている、伝説の妖怪「アマビエ」です。

 アマビエが出現したのは札幌のあすかぜ高校のグラウンドです。

 縦50メートル、横20メートルと、テニスコート2つ分の大きさがあり、2年生の担任の渡部晃先生ら10人の教職員が1時間30分ほどかけて白線を引き仕上げました。

 北海道札幌あすかぜ高校 渡部 晃 先生:「あすかぜ高校の生徒、みんなもうすぐ学校も始まりますが、ちゃんと宿題をやって、元気に学校生活また頑張りましょう」

 このアマビエは学校のホームページにも掲載され、生徒たちからは「すごい」「驚いた」といった声が寄せられ大好評だということです。