北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

「火が出ている」無人の"解体作業中の空き家"から火の手…木造住宅焼ける けが人なし

事件・事故 社会 友だち追加

火事があった解体中の空き家 北海道帯広市 2020年5月21日

 北海道帯広市の解体作業中の空き家で火事があり、木造2階建ての住宅の一部が燃えました。

 5月21日午後5時20分ごろ、北海道帯広市幸福町で「建物から火が出ている」と通行人から消防に通報がありました。

 消防が駆けつけ、火は約30分後にほぼ消し止められましたが、一部2階建ての木造住宅を焼きました。
 
 警察によりますと現場は空き家で、解体作業を行っていたということですが、出火当時建物内に人はいませんでした。

 警察と消防が22日に実況見分し、火が出た原因を調べることにしています。