北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

【札幌市】感染者2人で9日連続"1桁"台維持…北海道全体でも5人…6日連続"で1桁"キープ

くらし・医療 友だち追加

札幌市の会見(5月21日)

 札幌市は5月21日、新たに市内で確認された新型コロナウイルスによる死者と感染者について詳細を公表しました。

 死亡したのは、札幌市居住の70代男性です。男性は20日午後11時30分ごろに亡くなりました。

 20日には道内の死者が21日ぶりに0となったばかりですが、再び死者が出てしまった形です。これで道内の死者は計78人となりました。

 一方新たに感染が確認されたのは、20代女性(職業非公表)と、80代女性の計2人です。

 このうち20代女性は5月14日に、発熱、咳、頭痛、味覚嗅覚障害などの症状が出て、PCR検査を受けたところ、20日に陽性と分かりました。症状は軽く会話は可能だという事です。感染ルートについては現時点では不明としています。

 また80代女性は、クラスターが発生している札幌・北区の介護老人保健施設「茨戸アカシアハイツ」の入所者です。アカシアハイツの感染者は計89人に拡大しました。

 21日は、北海道も3人の感染者を確認していて、道内の感染者は計5人となりました。道内の感染者が1桁台にとどまるのは、5月16日以来6日連続。札幌の感染者が1桁台にとどまるのは、9日連続です。