北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

「プリペイドカード」偽造や残高残った分など約20万円着服…"札幌市交通局の元嘱託職員"51歳男性免職

社会 友だち追加

 札幌市交通事業振興公社の51歳の男性主任は、市交通局の嘱託職員だった1996年から3年間、ウィズユーカードの券売機を操作しカードを偽造したほか、廃棄箱に投函され残高が残ったカードを着服。

 また、振興公社の職員としても、つい最近の2020年3月までウィズユーカード廃止に伴う払い戻しなど約20万円分を現金化しており5月20日付で懲戒免職となりました。