北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

神棚に飾る人まで…悪疫退散願い"アマビエビール"登場 「安心した気持ちで飲んで」

道内経済 友だち追加

 新型コロナウイルスのワクチン開発にはまだ時間がかかりそうですが、北海道旭川市では人々を病気から守ってくれるというありがたい妖怪「アマビエ」を描いたビールが発売され、人気を集めています。

 ラベルに描かれた妖怪アマビエ。

 江戸時代に現れ、病気が流行したら自分の姿を描いて人々に見せるよう伝えたとされる"伝説の妖怪"です。

 北海道旭川市の地ビールメーカーでは、新型コロナウイルスの終息を願い、アマビエのイラスト入りビールを発売しました。

 荒川 健太郎 記者:「アマビエに御利益があるとは思いますが、食事前には手の消毒をしてから飲むとなお効果がありそうです」

 大雪地ビール 森山 智貴 支配人:「予想通りの反響で驚いています。"アマビエラベル"を見て、少しでも安心した気持ちで飲んでほしいです」

 「アマビエラベル」の瓶ビールはオンラインショップでも購入可能で、中には飲み終わったあと、神棚に飾るという人もいるということです。