北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

タケノコ採り80歳男性 約30キロ離れた場所で保護される「家に帰る道がわからなくなった」

社会 友だち追加

男性がタケノコ採りに出かけたとみられる現場

 タケノコ採りに行くと告げたまま行方がわからなくなっていた江別市の男性が、約35時間後30キロほど離れた千歳市の交番で保護されました。

 行方がわかなくなっていたのは北海道江別市東野幌町に住む80代の男性です。

 男性は5月18日午前11時ごろ男性の妻に「野幌総合運動公園にタケノコ採りに行くと」告げ、自転車で外出したまま行方が分からなくなっていました。

 その後、男性は19日午後10時15分ごろ野幌総合運動公園から約30キロ離れた千歳市寿1丁目付近で通りがかった人に発見され千歳駅前交番に連れられ、保護されました。

 警察によりますと、男性にケガはなく、「家に帰る道がわからなくなった」と話しているということです。