北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

"コロナ自粛"だけど…スナックで「一緒に飲もう」女性に声かけトラブル…退店後男性殴り35歳男逮捕

事件・事故 社会 友だち追加

男性を殴り重傷を負わせた35歳会社員の男を逮捕した北海道警豊平署

 スナックでもめた55歳の会社役員の男性を路上で殴り重傷を負わせたとして、35歳の会社員の男が逮捕されました。

 傷害の疑いで逮捕されたのは、自称・北海道札幌市白石区の35歳の会社員の男です。

 男は5月19日午前0時20分ごろ、札幌市豊平区月寒東1条5丁目の路上で、55歳の会社役員の男性を殴ってけがをさせた疑いがもたれています。

 警察によりますと男は、会社の先輩の男性と2人でスナックで酒を飲んでいて、被害にあった男性も同じ店で知人男性、知人女性とともに3人で飲酒していました。

 男が男性の知人女性に「一緒に飲もう」などと声をかけましたが、女性が嫌がるなどしてもめ事に。男は退店するよう促され、店を出ました。

 その後、男性ら3人が店を出たところ、男と鉢合わせし、再びもめ事に発展。男が男性の顔面を2発殴ったということです。

 男性は鼻の骨を折る重傷です。

 男はその場から立ち去りましたが、男性から通報を受けた警察官が男が一緒に飲んでいた先輩の家で男を発見し逮捕しました。

 調べに対し男は「けがをさせたことは悪いと思っている」などと話しているということです。

 北海道は特定警戒都道府県に指定されていて、新型コロナウイルス感染拡大に伴い札幌市内ではスナックを含めた接待を伴う飲食店の営業自粛要請も続いています。