きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

庭の植物”行者ニンニク”と思って炒めて食べたら「イヌサフラン」 3時間に嘔吐繰り返し入院…死亡例も

事件・事故 くらし・医療 友だち追加

有害植物「イヌサフラン」

 北海道小樽市で5月5日、自宅の庭に生えていた有毒植物である「イヌサフラン」を行者ニンニクと勘違いして食べた40代の男性が嘔吐など食中毒の症状を訴え、市内の医療機関に入院しました。

 小樽市保健所によりますと、市内に住む40代の男性は5月5日午後7時頃、自宅の庭に生えていた植物を炒めて食べたところ、3時間後に数回にわたり嘔吐し、手にしびれを感じたため、翌日の5月6日、市内の医療機関を受診しました。

 男性は食中毒の症状を訴え、市内の医療機関に入院しました。

 小樽市保健所は原因を特定するため患者が植物を採った場所で行者ニンニクと似た植物を2種類発見、道立衛生研究所に検査を依頼したところ、有害植物である「イヌサフラン」と「ドイツスズラン」と断定され、「イヌサフラン」から毒成分「コルヒチン」、「ドイツスズラン」から毒成分「コンバラトキシン」が検出されました。

 小樽市保健所は症状が「イヌサフラン」による食中毒の症状と一致することから、「イヌサフラン」を行者ニンニクと誤って食べたことによる食中毒と断定しました。

 道内では同様のケースで死亡した例があり、小樽市保健所は注意を呼び掛けています。