きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

コロナ禍で隣人トラブルか「電話の話し声がうるさい」殴られた男がボールペンで反撃の末”ケンカ両成敗”

事件・事故 友だち追加

隣人トラブルで互いに暴行した男2人を逮捕した北海道警倶知安署

 新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が続く中、5月8日未明、北海道倶知安町の共同住宅で、隣同士の部屋に住む男2人が「話し声がうるさい」などと揉め事になった末、互いに暴行したとして、双方が現行犯逮捕されました。

 傷害の現行犯で逮捕されたのは、北海道倶知安町北7条西4丁目の共同住宅2階で、隣同士の部屋に住む自称無職の男(26)と自称無職の男(33)です。

 5月8日午前2時すぎ、共同住宅の踊り場で、男(26)が隣人の男(33)の顔を手で殴る一方、殴られた男(33)が男(26)の頭を持っていたボールペンで突き刺すなど、互いに暴行を加えたとして、双方が現行犯逮捕されました。

 警察によりますと、ボールペンの芯は出ておらず、それぞれ軽傷です。

 ボールペンで突き刺した男(33)は、部屋で男(26)の「電話の話し声がうるさい」と立腹し、注意しようと部屋を訪れたところ、揉め事に至ったということです。

 その後、ボールペンで突き刺した男(33)が「揉めているので仲裁してほしい」などと警察に通報、現場に駆け付けた警察官が状況を確認の末、双方を現行犯逮捕しました。

 2人は容疑を認めているということです。