きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「かける言葉も見当たらない」史上初インターハイ中止に落胆…一方で「無駄な時間使わないで」エールも

エンタメ・スポーツ 友だち追加

資料:陸上女子短距離の石堂陽奈選手(立命館慶祥高校 陸上部)の練習様子

 高体連、全国高校体育連盟は4月26日臨時理事会を開き、2020年の高校総体=全国高校総合体育大会の中止を決めました。

 インターハイとも呼ばれる高校スポーツ国内最高峰の中止は史上初めてです。

 全国高等学校体育連盟 岡田 正治 会長のオンライン会見:「新型コロナウイルスという見えなく、恐ろしい敵に対し、インターハイ中止という判断をしました。夢の舞台であるインターハイを中止するという判断の向こうには、大きな悲しみと目標を失った高校生たちの
姿があることは痛いほど承知しております」

 全国から注目を集める陸上女子短距離の石堂陽奈選手を指導する日裏教諭(立命館慶祥高陸上部)は、「今回の中止はしかたないと思う」とする一方で、「3年生にとっては高校生活最後で最大の大会なので非常に残念。かける言葉がみつかりません」と話しています。

 またファイターズの栗山監督は27日、高校生アスリートにエールを送りました。

 北海道日本ハムファイターズ 栗山 英樹 監督のオンライン会見:「悔しさがある分だけ勝負をしてほしいいし、それを生かせるかどうかというふうに問われていると思って、大切な人生をもったいない方向にもっていってほしくないし無駄な時間を使ってほしくない。悔しかったらその分、頑張ってほしいなと願っている」