きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

五輪夏開催で「マラソン札幌開催」確実に…鈴木知事「新型コロナに打ち勝つことが前提。対策に万全を期す」

政治 道内経済 くらし・医療 友だち追加

 新型コロナウイルスの感染拡大で延期になった東京オリンピックが来年7月23日に開幕することが決まり、マラソン競歩についても札幌で開催されることが確実となりました。

 IOC国際オリンピック委員会と大会組織委員会、東京都、政府の4者は3月30日夜、電話会談を行い、オリンピックは今年予定していた7月24日より1日早い来年7月23日に開幕、8月8日閉幕とすることで合意しました。

 オリンピックが夏になったことでマラソン・競歩は札幌での開催が確実となりました。

 新型コロナの感染拡大や、小池都知事の「春や秋なら東京開催」との発言に振り回された札幌市民は…。

 札幌市民:「うれしい。夏じゃなければ東京でやると小池都知事が言っていたが、夏開催となり札幌でやることになってよかった」

 札幌市民:「わざわざ札幌でやる必要はないし東京で十分では…」

 札幌市民:「やらなくてもいいとか呼んでいないのに札幌に来たとかいう人もいるが、やったほうが良い。新型コロナとかいろいろ言われているが札幌で開催できたというのは良いことにつながる」

 一方、鈴木知事は今回の決定について31日朝、次のように述べました。

 鈴木知事:「日程は決まったが、前提として新型コロナウイルスに打ち勝つということがある。そのことに集中していく」「1年ずれる日程になるので、今まで準備したことが生かせる」「北海道も(新型コロナで)予断を許さない状況。対策にしっかり万全を期することにつきる」

 また札幌市の秋元市長は「日程が早期に決まり安堵している。大会成功に向けて引き続き開催都市の責任を果たしていきたい」とコメントしました。