きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

コロナ影響で札幌初の経営破綻…半田屋2店が突然の閉店に驚きの声あがる 1億3000万円の負債

友だち追加

 札幌で「大衆食堂半田屋」を2店フランチャイズ展開する会社が事業を停止しました。

 新型コロナウイルスの影響による経営破綻は札幌で初めてです。

 昼食を食べに来た男性が突然の閉店に驚き店中をのぞき込んでいます。

 この男性は3日前にも店を訪れたばかりでした。

 店の利用者:「けっこう気楽に来れて助かっていたのに大変だ。これから収まる傾向もないし」

 事業を停止したのは札幌・中央区のセブンレストランシステムです。

 鎌田 祐輔記者:「こちらの店は24時間営業ですが電気はついてなく来客の姿もありません」

 セブンレストランシステムでは、大衆食堂半田屋の西線南7条店と新道丘珠店の2店をフランチャイズで運営していました。

 事後処理を一任された弁護士によりますと、人手不足による業績悪化に加え、新型コロナウイルスの影響で客が減り、売り上げが急激に減少。

 2020年3月20日付で事業を停止し、2店を閉店しました。

 今後の方針は来週中にも決定したいとしています。

 札幌市民:「タクシーの運転手が多いよね。今回のことでお客さん来なくなったのが一理ある」

 札幌市民:「びっくりしました。もっとこれから増えるのかなと考えたら怖いですね」

 民間の信用調査機関、帝国データバンクによりますと、負債は1億3千万円で、新型コロナウイルスによる経営破綻は札幌で初めてです。