きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

【北海道の天気 3/19(木)】3連休スタートは春の嵐…雷雨のち暴風のち吹雪に

天気 友だち追加

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後4時現在

◆春本番の暖かさ!
 きょう19日(木)は紋別では平年より12℃も高い14.6℃まで気温が上がり、5月下旬並みの陽気となりました。
厚沢部町・木古内町・遠軽町では15℃以上まで上がったほか、八雲町は14℃を超えて3月として記録的な暖かさとなっています。

◆あすは大荒れ
 発達する低気圧の影響で、春分の日のあす20日(金)は春の嵐となるおそれがあります。
朝は雷雲が西から東へと進むため、大雨や融雪災害に注意が必要です。
日中、雨は弱まるものの、南西部を中心に暴風が吹いて波も高くなる予想です。
そして夜は暴風・高波がピークとなるほか、道北では猛吹雪になるところもありそうです。

◆あすの予報
 南西部はあす早朝にかけて大気の状態が不安定になります。
落雷による停電にご注意ください。
夕方以降はみぞれに変わるでしょう。
道北の沿岸部は夜になると猛吹雪になる見込みで、
予想最高気温が5℃以上でも気温が急に下がっていきます。
凍結路面にご注意ください。
胆振や日高では非常に強い西風が吹き、海は大しけとなりそうです。

◆週間予報
 21日(土)は天気が回復へと向かいます。
午後は太平洋側を中心に晴れ間が戻るでしょう。
22日(日)のオホーツク海側の雪は積もるほどではなさそうです。