きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「有権者との握手は極力控えて」"新型コロナ"緊急事態宣言中の北海道 患者死亡の町で選挙戦始まる

政治 社会 道内経済 くらし・医療 友だち追加

 北海道の知内町で3月17日、町議会議員選挙が告示されました。

 道内で新型コロナウイルスの感染者が確認されてから初の選挙戦となり、各陣営・選挙管理委員会とも感染対策に気を配りながらの選挙となっています。


 水上孝一郎記者:「感染対策を万全にしながらの選挙戦。きょう静かに幕をあけました」

 定数10に対し13人が立候補する予定の知内町議選。

 知内町では80代の男性が新型コロナに感染、その後死亡していて、立候補者の中には感染予防のため有権者との握手を控える姿もありました。

 町民は:「距離を取りながらなるべく接しないようにしているので大丈夫だと思う」

 知内町の選挙管理委員会でも感染予防のため握手などは極力控えるよう呼掛けていて、各陣営も戸惑いながら22日の投開票に向けて選挙戦を繰り広げています。

 北海道選挙管理委員会によりますと、道内では松前町長選や上川町長・町議選など今後も選挙が続く予定です。

 総務省は各選管に対し投票所などで感染予防策をとるよう通知するとともに、投票の集中を避けるため期日前投票の積極的な利用を呼び掛けています。