きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

新型コロナで"入れ替え戦中止" 憤るヴォレアス社長「バレーボール界のあり方に疑問…納得いく説明を」

エンタメ・スポーツ 社会 友だち追加

 日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)が3月10日、新型コロナウイルスの感染拡大を理由にV2・2位のヴォレアス北海道とV1・10位のVC長野の入れ替え戦中止を決定しました。

 ヴォレアスは今季19勝1敗。3月14、15日、日本製鉄堺体育館(大阪)で、無観客試合開催が決まっていましたが、今回の決定で消滅。憤りを隠せない運営会社は、拠点を置く北海道旭川市や周辺自治体とともに、大会の延期や特例措置などを求める要望書をVリーグに提出しました。

 水面下で何があったのか、そして打開策はあるのか…。池田憲士郎社長に聞きました。


 ――中止の経緯は?
 「チャレンジマッチ(入れ替え戦)中止は3月6日午後5時に電話でVリーグからありました。体育館がコロナウイルスの影響で開催できない、他の会場も当たってみたところ使えないので中止としましたと。

 情報公開はストップしてほしいと依頼しました。発信されたら決定事項として進んでしまう。待ってください、ほかの方法も検討させてください。月曜日に協議させてくださいと。

 しかし、月曜日にGMと朝一で東京に向かっていた最中、全チーム一斉メールで中止を知らされました。12時に公表しますと連絡を受けました。協議させてくださいと言ったさなかオープンになったのです。

 ファイターズのオープン戦、大相撲も無観客で開催。東京マラソンもやりました。何でもかんでも中止でなく、限られた人数で行うのは間違ってはないと思う。バスケットボールのBリーグが無観客で開催。こうも数年で差が出てしまったのかなと感じました。

 開催する前提でいろいろ模索して、結果として中止の判断はわれわれも納得します。納得できたか分からないけど、違うリアクションだったと思います。

 リーグとのコミュニケーションや事前の説明、どの辺まで動いてくれたのか分からないまま中止です。

 この1年間の活動、いや設立からいままで。ここにかける思い、時間、お金をついやしてきて、その成果を出せる場だと思っていました。

 絶対V1に上がりたいではなく、努力をぶつける場でした。V1、V2、V3の昇格制度、バレーボール界全体のあり方に疑問を感じています」

 ――選手の受け止めは?
 「選手はわれわれ以上にやるせない。そこを一番心配しています。参入からV1で勝って日本一になる目標に向けようやく最後の1試合だった。その機会を奪われた。彼らは来年がんばればいいという話ではないです。アスリートの1年は一般の10年ぐらい。現役は短いのです。

 最高の状態を作って、それがかみ合ってチームの力になります。このタイミングは2度とない。本当につらいですよね」

 ――要望の内容は?
 「詳細な説明をしてください。中止を撤回してください。開催をしてください。救済措置として、われわれを昇格させ11チームのリーグを検討してほしいです。あくまでもはやいジャッジの撤回、開催の検討。できない場合の昇格ですね。

 われわれの努力、成果を認めてほしいです。早期に結論を出してほしい。Vリーグ機構の考えは結論は出てますよ、かもしれませんが、納得のいく説明をしてほしいです」