きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

アイスホッケー"ひがし北海道クレインズ" 王子イーグルスに3―6で敗け プレーオフ進出ならず

エンタメ・スポーツ 友だち追加

現役引退した釧路出身・齊藤毅選手 ファンからは「おつかれさま」と労いの声が上がった

 アイスホッケーアジアリーグのひがし北海道クレインズが2月16日、本拠地の釧路市・日本製紙アイスアリーナで、王子イーグルスとのレギュラーリーグ最終戦を戦いましたが、3―6で敗けました。

 4位以内が進出できるプレーオフ出場はならず、プロチーム1年目のシーズンは5位で終わりました。

 この試合で、日本代表にも選ばれ、世界選手権やオリンピック予選にも出場した釧路出身のベテランFW斉藤毅選手(38)が現役引退。

 試合後、斎藤選手は「1人でここまでこれたわけではなく、様々なサポートがあって今がある。きょうはファンが自分の名前が入ったボードを掲げてくれていて、涙が出そうになりました。本当に感謝しかないです。クレインズには10年、20年と続いていくチームになってほしい」とコメントしました。