きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

【北海道の天気 2/5(水)】"忍者低気圧"が隠れている!? 今季一番の寒さと大雪に

天気 友だち追加

 (吉井庸二気象予報士が解説)午前11時50分現在

 きょうのポイントは2つ。今季一番の寒さと大雪です。神出鬼没の"忍者低気圧"が悪さをする可能性があります。

◆予想最高気温
 この後も冷凍庫の中のような寒さが続きます。札幌は氷点下5℃。この冬一番の寒さとなりそうです。カイロやニット帽など寒さ対策を万全にしてお出かけください。

◆もう一つのポイントは大雪
 今夜9時の天気図です。一見、弱い西高東低の冬型の気圧配置ですが、北海道付近に少し膨らんだ部分があります。そこに天気図には見えない忍者のような小さな低気圧が隠れています。「石狩湾小低気圧」と呼ばれていて、石狩から道南にかけて大雪をもたらす可能性があります。

◆5日午後の天気
 降れば大雪となる活発な雪雲が、石狩から道南のどこかに流れ込みます。特に昼過ぎと夜遅くに雪が強まりそうです。急な視界の悪化や積雪による交通障害に注意をしてください。

◆あす朝にかけて予想される雪の量
 後志地方は最大40センチ。札幌や道南でも最大30センチの大雪となる可能性があります。ただ最悪のケースを想定した数字で、全く降らない可能性もあります。

◆週間予報
 日本海側とオホーツク海側です。あすの午前中にかけては、札幌などで雪の強い状態が続きます。また、寒さのピークは日曜日で、旭川と北見は最高気温でも氷点下11℃の予想です。水道管凍結に十分注意をしてください。

 太平洋側です。こちらも月曜日にかけては平年を大幅に下回る寒さが続きます。ただ来週中ごろは、気温が急上昇。雪解けが一気に進みそうです。寒暖差にも注意が必要です。