きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

アイスホッケー"ひがし北海道クレインズ" 元日本代表・ベテランFW斉藤毅選手 今季現役引退を発表

エンタメ・スポーツ 友だち追加

今シーズンでの現役引退を決めた釧路出身の斉藤毅選手(提供:ひがし北海道クレインズ)

 アイスホッケーアジアリーグのひがし北海道クレインズは2020年1月26日、日本代表にも選ばれ、世界選手権やオリンピック予選にも出場したベテランFW斉藤毅選手(38)が今シーズンで現役引退すると発表しました。

 斉藤選手は釧路出身で、高校卒業後、雪印に入団。札幌ポラリス、王子製紙(現・王子イーグルス)、H.C.栃木日光アイスバックスでプレーしました。

 2013―2014シーズンにはアジアリーグ最優秀選手賞(MVP)を獲得。今シーズン、故郷のひがし北海道クレインズに加入し、プレーイングコーチとしてチームを支えてきました。

 斉藤選手は「決断する時の最後が生まれ育った釧路で終われるのも何かの縁なのかなと思います。プロ選手、社員選手として合わせて21年間、長い間、ホッケーをさせていただけたことに感謝しています」とコメントしています。

 近く記者会見し、2月の王子イーグルス戦で引退セレモニーが行われる予定です。