きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

100本がわずか10分で完売! "幻の酒"「北の勝・搾りたて」発売 今年も朝から長い行列

社会 友だち追加

 発売から10分で完売しました。

 北海道根室市の酒蔵が作る銘酒「北の勝・搾りたて」が23日売り出され、地元の販売店には朝から行列ができる人気ぶりでした。

 北海道・根室地方唯一の酒蔵、碓氷勝三郎商店が作る「北の勝・搾りたて」。

 毎年この時期に数量限定で販売されていて、なかなか手に入らないことから「幻の酒」とも言われています。

 2020年の発売日となった1月21日、このスーパーには開店前から長い列ができ、予定された100本はわずか10分で完売しました。

 買いにきた人:「午前3時半ごろに着きましたね。家族に送って一緒に飲みたい」「岩見沢から来た。25本くらい買いました。(Q.25人で来たっていうこと? )そうです」

 「北の勝・搾りたて」は今年、根室や釧路を中心に1万7000本が販売されるということです。