きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

【北海道の天気 1/15(水)】ようやく冬らしい天気に? あすも寒く日本海側は雪

天気 友だち追加

(吉井庸二気象予報士が解説) 午後4時00分現在

◆きょうはしばれた!
 けさは道内7地点で-20℃以下の厳しい冷え込みとなりました。
 帯広は-16.1℃まで下がり、今シーズン一番の寒い朝となっています。
 日中も気温はあまり上がらず、札幌の最高気温は-2.0℃で10日ぶりに真冬日となりました。

◆予想降雪量
 雪不足が続く道内ですが、ここ数日はどこかで10センチ前後の雪が降っています。
 昨夜からきょうは小樽で10センチ以上の雪が降りました。
 札幌もけさは積雪が10センチと今年初めて2ケタになりましたが、この時間は少し縮んで9センチとなっています。
 これからあす朝にかけて石狩北部や空知・後志地方で10センチの雪を予想しています。
 札幌・中央区は多くて3センチ、北区・東区など多いところで5センチを見込んでいます。

◆あすの予報
 あすは弱い冬型の気圧配置となり、日本海側は雪が降ったりやんだりでしょう。
 空知や石狩北部では多いところで15センチくらい降る見込みです。
 朝は道北の内陸で-20℃前後の冷え込みとなるところもありそうです。
 日中も気温があまり上がらず、札幌の最高気温は-2℃とあすも真冬日となる予想です。

◆週間予報
 日本海側は金曜日にかけて雪の降りやすい天気が続くでしょう。
 太平洋側は晴れるところが多く、センター試験初日の土曜日は全道的に晴天となりそうです。
 月曜日は低気圧が接近するため、局地的に雪が強まる可能性があります。