きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

加森観光会長"贈賄"で在宅起訴…議員の留寿都村への家族旅行 「宿泊費約76万円負担」IR誘致汚職事件

事件・事故 友だち追加

 IR誘致をめぐる汚職事件、北海道の企業もからんでいました。贈賄側の中国企業とともにIR参入を目指していた北海道の観光会社・加森観光の会長が、2018年2月、すでに逮捕された秋元司衆院議員の家族旅行の代金の一部を負担したとして贈賄の罪で在宅起訴されました。

 贈賄の罪で在宅起訴されたのは、加森観光の加森公人会長です。

 東京地検特捜部によりますと、加森会長は2018年2月、秋元衆院議員が家族旅行で留寿都村を訪れた際、約76万円相当の宿泊費などの一部を負担した罪です。

 加森観光は当時、日本でのIR参入を目指していた中国の企業500ドットコムとともに、ルスツ村へのIR誘致を目指していて、内閣府のIR担当副大臣だった秋元衆院議員から有利な扱いを受けようとしていたとみられています。

 特捜部は2020年1月14日、別の収賄の疑いで秋元議員らを再逮捕し、加森観光との関連などをさらに詳しく調べています。

 加森会長の起訴を受け、加森観光では、事件の内容についてはコメントを控えるとしたうえで、「起訴の事実を重く受け止め全社を挙げてコンプライアンス強化に全力を尽くす」とコメントしています。