きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

雪がない! "流氷まつり"の雪像制作は全て中止に 日程も4日→2日間へ短縮

社会 友だち追加

 記録的な雪不足の影響で、北海道網走市は2月に開催される「オホーツク流氷まつり」の雪像制作を全て中止すると発表しました。

 網走市によりますと、2月8日から始まる「あばしりオホーツク流氷まつり」は、記録的な雪不足の影響で会場の設営に必要な雪が確保できないとして、メイン雪像を含むすべての雪像の中止を決めました。

 また日程も当初の4日間から2日に短縮するということです。

 オホーツク流氷まつりで雪像が一体も制作されないのは初めてだということで、主催者側では氷像製作や花火大会などで来場者を楽しませたいとしています。

 オホーツク海側では北見市と津別町で積雪ゼロとなるなど雪不足が続いていて、美幌町でも1月26日から始まる「びほろ冬まつり」の中止が決まっています。