きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

船橋衆院議員 中国側からの現金受領を否定 IR巡る汚職事件 100万円の「寄付」記載せず

事件・事故 友だち追加

 IRをめぐる汚職事件で、中国企業側が現金を渡したと供述している自民党の船橋利実衆院議員が現金の受領を改めて否定しました。

 一方、札幌の観光会社からの100万円の寄付を政治資金収支報告書に記載していなかったとして、報告書を修正しました。

 体調不良で新年の交礼会などを欠席していた自民党の船橋利実衆院議員。

 IR事業をめぐり、中国企業から現金を受け取った疑惑について、改めて否定しました。

 船橋利実衆院議員:「中国企業からお金の提供を一切受け取っていません」

 ただ、2017年9月下旬、後援会の札幌の観光会社幹部に飲食店に呼ばれ、封筒に入った100万円を渡されたといいます。

 これを寄付として政治資金収支報告書に記載していなかったとして、7日報告書を修正しました。

 寄付を受けた際、初対面の3,4人が同席していたものの、どのような人かは分からないとし、100万円は観光会社の幹部からの寄付と認識しているとしました。

 船橋利実衆院議員:「名刺交換もしていないので、どういうお立場のなんという方かは私は知りませんでした」「私の方からは名刺を渡したと思いますが、相手から名刺をいただいていないので、名刺交換はしていない」