きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

6日4件車5台 前日3件6台からみ6人重軽傷…圧雪アイスバーン 北海道の高速道路"スリップ"事故多発

事件・事故 友だち追加

道東道・千歳東IC~千歳恵庭JCTで起きたスリップ事故(2020年1月5日、北海道警察提供)

 当時の路面は滑りやすい圧雪アイスバーンでした。北海道の高速道路で2020年1月6日午前、わずか30分間に4件あわせて5台の乗用車が次々にスリップ事故を起こしました。前日の1月5日にも3件のスリップ事故であわせて6台の事故が起きていて、警察は注意を呼び掛けています。

 事故があったのは、道央自動車道の北広島IC~恵庭IC間です。

 2020年1月6日午前7時30分から午前8時ごろまでの30分間に、乗用車がガードレールに接触したほか、前方の車に追突するなど合わせて4件、5台の乗用車が相次いでスリップ事故を起こしました。けがをした人はいませんでした。

 当時路面は非常に滑りやすい圧雪アイスバーンで。警察は事故が相次いだ区間に融雪剤を撒くなど約2時間半にわたり、一時通行止めにしました。

 また前日の1月5日にも、道内の高速道路では、路面凍結により乗用車同士の正面衝突や玉突き事故などあわせて3件、車6台のスリップ事故が相次ぎ、6人が重軽傷を負っています。

 警察は、制限速度を守るほか車間距離を保つなど、安全運転に心がけるよう注意を呼び掛けています。