きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

合計255歳! 利尻島で大活躍の3人組おじいちゃんラッパー「リーシリーボーイズ」 北海道

コラム・特集 友だち追加

UHB北海道文化放送

 北海道の利尻島で今大人気の音楽グループがあります。

 リズムに合わせて楽しそうに踊る3人のおじいちゃん達。その胸の中には、故郷の島への熱い思いがありました。

どこへ行っても大人気!「リーシリーボーイズ」の正体は?

UHB北海道文化放送

 強風吹きすさぶ浜辺で、カメラの前に立つ3人の男たち。

 その正体はおじいちゃんラッパー、「リーシリーボーイズ」。合計年齢はなんと255歳!生まれも育ちも利尻町の3人です。

 メンバーは81歳の「ガンゼ」、利尻の方言でウニのこと。センターの「メンコE」は80歳。最年長94歳の「コンブアッペカッチャ」、コンブの裏表が反対という意味なんだとか。

UHB北海道文化放送

 利尻島は今、どこに行っても3人の写真であふれています。空港のロビーではおまわりさんの後ろに。博物館では吉永小百合さんのポスターの隣。そのほかにも公民館やホテルのロビーなどなどあらゆる場所で観光客を出迎えます。

 そう、3人は利尻町のPR大使なんです。

 「ガンゼ」藤田武利さん(81):「恥ずかしいもんだ、自分で見ると恥ずかしい」

 「コンブアッペカッチャ」吉田欽哉さん(94):「観光の人が見れば"あれ?"と思って、"あ~!"と思っているんでないの?」

 「メンコE」馬場不三夫さん(80):「今までは酒を飲みに島中歩いていたけど、今は飲みに行くのをちょっと控えているところ」

UHB北海道文化放送

 2020年1月、3年ぶりに新曲が発表されるとあって、プロモーションビデオの撮影中でした。その曲名「利尻へカモン!」。

UHB北海道文化放送

 3人はどこへ行っても大人気。カフェでの撮影の合間にも…。

 「ガンゼ」藤田武利さん:「一緒に写真撮りますか?」

 観光客:「いいんですか?前はパネルと一緒に撮りました。すごい!かわいくて気さくなおじいちゃん」

 なんともキュートな3人。その本職は何なのでしょうか?ガンゼこと藤田武利さんの仕事場を訪ねました。

UHB北海道文化放送

 「ガンゼ」藤田武利さん:「コンブそのものは同じでも、扱いで製品が変わる。生き物だから。温度・湿度をしっかり管理すると保存がきいて熟成もされていく」

 なんと藤田さんは現役のコンブ漁師!仕事場で見せる顔は、リーシリーボーイズの時とは違います。