きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

30回目の挑戦"ゆうばり国際映画祭"コロナ禍初オンライン開催に市民手応え「続けられたのは夕張の誇り」

道内経済 コラム・特集 友だち追加

 新型コロナウイルスの影響で、北海道夕張市で行われる「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」は30回目を迎える2020年、初の無料オンライン開催となり、開会式のインターネット中継が行われました。

インターネット中継に合わせて集まる夕張市民

 映画「幸せの黄色いハンカチ」のロケ地に陽が沈むころ、50人ほどの夕張市民が集まりました。

インターネットで司会をする笠井アナウンサー

 2020年、30回の節目を迎えた”ゆうばり国際映画祭”がコロナ禍のためネット配信で行われる事になり、開会式の中継が夕張から発信されました。

ゆうばり国際映画祭を支えてきた小川実千代さん

 笠井 信輔 アナウンサー:「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020間もなくスタートです!」

 がんの治療から復帰した笠井アナの元気な司会を万感の思いで見つめる、1人の女性がいました。

アルバムを手に思い出話をする小川さん

 2020年30回目を迎える「ゆうばり国際映画祭」を1回目から支えてきた市民のひとり、小川実千代さん。

 父の理髪店時代から数えて70年ほど、夕張で店を営んできました。小川さんは、毎年、東京などから映画祭に来るゲストとの交流を大切に深めてきました。

多くの俳優と写真を撮ってきた小川さんは笠井アナウンサーとも懇意に

 小川 実千代さん:「トヨエツです。一番人気あったころ。草刈正雄さん。まだ映画祭の初期のころ。高倉健さん。『幸せの黄色いハンカチ』のロケ、家の前でやった時に写したんです」

 小川 実千代さん:「(Qこの頃から映画好きだった?)映画好きでしたね」 

 十数年前から映画祭で司会を務める笠井信輔アナウンサーとも懇意になりました。

初のオンライン開催に夕張市民も参加

 小川 実千代さん:「居酒屋さんではないけど、ウチの2階は酒場になって映画祭の時は。笠井さんも素で来られるウチを夕張の”実家”と。(今年は映画祭は)無くなるのかな?と、オリンピックも出来ないのに映画祭なんてと思っていたが、ウェブ開催に…」

(映画祭の予告動画)

 小川 実千代さん:「私なんて夕張から出た事のない人間ですが、すごいたくさんの人とのつながりができた。夕張を愛してくれる、夕張来て良かった?という人が増えてそれを見るのが私は幸せだった。この30年間」