きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"道マラ"コース有力に 五輪マラソン札幌案 赤れんが庁舎は改修工事を中断しシート外す?

社会 道内経済 友だち追加

 東京オリンピックのマラソンと競歩を札幌市で開催する計画を巡り、競技のコースは北海道マラソンとほぼ同じコースを使う方向で検討を進めていることが分かりました。

 関係者によりますと、IOC国際オリンピック委員会は当初、札幌ドームを発着するコースを想定していましたが、30日から開かれる調整委員会では、大通公園を発着する「北海道マラソン」のコースを軸に検討を進めるということです。

 札幌ドームを発着点にする案では、施設の改修に10億円近い改修費が必要で、改修費の負担に全ての関係団体が難色を示し、2020年の開催までの期間も短いことから、北海道マラソン案を検討するということです。

 また、コース周辺で改修工事が予定されている観光名所の道庁赤れんが庁舎については、競技期間中は工事を中断し、外側のシートを外すことも検討するということです。

 調整委員会は30日から東京で開かれ、札幌移転の是非を含め検討することにしています。