巣穴からクマが…専門家の男性2人ケガ スプレー噴射もかまれ軽傷 札幌市・西区の三角山山頂付近

事件・事故 社会

 3月31日午後、札幌市・西区の三角山でクマの巣穴の調査を行っていた男性2人がクマに襲われケガをしました。

 3月31日午後2時30分ごろ、札幌市・西区山の手の三角山の西側山頂付近で男性2人がクマに襲われました。 

 2人は札幌市の職員とともにクマの巣穴の調査のため山に入っていた委託業者で、47歳の男性が頭に、58歳の男性が右腕にそれぞれケガをしました。 

 2人は軽傷で、自力で下山し、病院に搬送されました。 

 警察などによりますと、2人を襲ったクマは1頭で、体長は2メートルほどとみられています。

 2人は自然環境の調査などを担うNPO法人の専門家で、確認のため巣穴に近付いた47歳の男性が、出てきたクマに襲われたため、後ろにいた58歳の男性がクマスプレーを噴射しましたが、クマは襲い掛かってきたということです。

 クマはそのまま林に逃げていったということです。

 現場付近では3月14日にクマの巣穴があるとの情報が寄せられていて、3月31日の調査で巣穴を発見し確認していたということです。 

 クマはまだ付近にいる可能性があるということで、札幌市などは登山道を閉鎖し山へ近づかないよう注意を呼びかけています。