きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

待ち遠しいもの

2021/03/05

石井 祐里枝

福本さん、先日は「ほっかいどう大運動会DXバーチャルステージ」のMCありがとうございました!



(出演してくださったレイザーラモンさんとダイノジさんと「ワンチーム!」)

当日はイベントの流れやコメントのことなどで、少ない容量の頭の中はすでにキャパオーバー、勢いで乗り切った本番は文字通り「あっ」という間に過ぎていきました。
あまりの疾走感に正直なところ5時間半もあったのか!という感覚です。

アドレナリンが放出されて常に身体の中がぽかぽかしている感じ、そしてそれは決して私だけじゃないと思わせるスタジオの活気、反響する笑い声、秒速でペンを走らせてカンペを書いてくださるディレクターさんの姿など、大人たちが一つの方向に必死に向かっていく光景になんだか「青春」を感じました。

また、バーチャルステージというZOOMでお客さんと繋がるものだったので、離れているからこそ「届いているかな?」という不安もあり「イベントを近くに感じて楽しんで欲しい」という気持ちが強かったです。
台本にばかり目がいってしまう私でしたが、さりげなく間を埋めてくださったり代わりに進行してくださったり福本さんに沢山助けて頂きました。
 
私も早くできるようになりたいという気持ちと共に先輩方の姿を見ながら「私も後輩ができたらこんな風に声を掛けよう」「こんな風に教えよう」と考えるようになりました。いまから未来の後輩が待ち遠しいです。

と、偉そうなことを言っていますがまだまだまだまだまだま…自分のことで精一杯。
毎日奮闘中ですが、いよいよ来月からはアナウンサー2年目になります。
初めての北海道の冬を経験して心身ともにちょっとたくましくなったような気がしないでもないです。
 
北海道の冬に関して、足元が滑るのは怖いですが、元々寒さより暑さの方が苦手だったのもあり、北海道の気候は自分にはまっていたようです。毎日同じ景色なようで、雪質にもふわふわなものや水分のある重めのものなど違いがあったり、公園に昨日はいなかった雪だるまがいたり。日々の変化を楽しんでいます。


スノーボードもしました!
スノーボードセットを購入したので沢山行きたいです!上手になって地元の友達に自慢するという目標が密かなモチベーション。
 
しいて言えば冬の期間が「ちょっと長い」でしょうか。3月と言えば春分の日もあり暖かくなってきて、実家では鶯が「ホーホケキョ」を練習している声が聞こえる頃です。まだまだ春の訪れは遠そうな北海道。「春まだ?春どこ?」とうずうずしている今日この頃です。
 
春は気長に待つことにして、社会人2年目を迎える今の心情はというと「とりあえず1年は乗り越えたのだからこれからも何とかなるだろう」と案外穏やかです。

ただ、自分なりに仕事と向き合ってもがいてきましたが、自分の知らないところでは「1年目だから仕方ないか」と大目に見てもらっていたことが多々あったと思います。
「新人」「1年目」という言葉に甘えてきたつもりはありませんが、今一度気を引き締めて着実に実力をつけていけるよう精進していきたいです。そして温かく見守っていてくださる周りの方への感謝を忘れず、成長することが恩返しだと思ってこれからも何事も真摯に取り組んで参ります。
 
お次はUHBアナウンス部の重鎮こと山田さんです!来年度で43年目(合ってますでしょうか)!道民としてもアナウンサーとしても大大大先輩です。ながーい冬にマンネリしてしまった時の対処法を教えてください!

  • のりゆきのトークでDEお悩み解決!
  • F-PARK
  • &sauna
  • wecamp
  • 眠くないから金曜は音楽
  • おはようのおはなし
  • play北海道
  • UHB公式チャンネル
  • UHB非公式チャンネル
  • SASARU